トピックス

原口泉教授の野外歴史教室「義弘の生涯・帖佐・加治木・桜島編」

原口泉教授の野外歴史教室「義弘の生涯・帖佐・加治木・桜島編」

2019/01/27(日) 2019年は島津義弘没後400年です。九州制覇まであと一歩、朝鮮の役では獅子奮迅の働き、関ヶ原の戦いでは、世にいう”島津の退き口”で多くの家臣を失いながらも生還。
幾多の戦を切り抜けて島津を守った戦国武将です。幼い頃から祖父日新公より”勇武英略の気質あり”と讃えられました。義弘の智恵と勇気と人望に迫り、逆境をいかに乗り切ったか探ります。

数々のエピソードを混じえながら、
原口先生と一緒に巡るバス旅を堪能していただきます。
詳細は原口教授野外教室

満席になりました。ありがとうございます。

 

 

来年島津義弘歿後400年を迎える「妻と子供と紡いだ飯野の26年間」

来年島津義弘歿後400年を迎える「妻と子供と紡いだ飯野の26年間」

2018/12/01(土) 義弘が26年間もえびの(飯野)にいたことは余り知られていません。ここで伊東氏と対峙し、肥後を睨んで、盤石な国造りを進めていったのです。愛情深い義弘の根底を知る逸話がいっぱいです。

詳細は義弘を旅する・えびの編

満席になりました。ありがとうございます。

徐福と家久と西郷どんとサツマスチューデント

徐福と家久と西郷どんとサツマスチューデント

2018/10/20(土) 紀元前の徐福伝説に始まり、中世の島津四兄弟の家久、サツマスチューデント出立の地。ロマンあふれる串木野へ。

みどころ

*薩摩英国留学生記念館  薩英戦争の後、五代の提案で、  鎖国の中、ここ羽島から若者を英国にここ羽島から若者を英国に藩費留学させた。
*藤崎家、川口家、  留学生達が船待ちの間、約2ヶ月潜伏していた家。
*萬造寺斉   東京帝大卒業後、与謝野寛の門下生となり   数々の歌集を出し、明治から昭和にかけて活躍した歌人
*萬福池    西郷隆盛が未だ郡方書役助(20才)の頃、この工事に携わった。
*柳原白蓮歌碑  知己の婦人会に招かれて講演の後、長崎鼻の絶景を歌に詠んだ。
*串木野城跡  串木野氏が築城の山城。変遷を経て、島津四兄弟の家久の居城でもあった。
*冠嶽園   徐福伝説の冠岳の麓にある中国風庭園
*小城製粉  隈之城にある知る人ぞ知る米粉のパンとスィーツ屋さん。

詳細は1020海とロマンの串木野歴史旅

志布志「夏越しの祭りと深い歴史とご当地グルメ」

志布志「夏越しの祭りと深い歴史とご当地グルメ」

2018/06/30(土) 安楽山宮神社の”夏越しの祭り”は茅の輪くぐりで今年の前半の邪気を祓い、残りの半年を平穏に暮せるよう願うものです。ここでは早速、日本一早い夏そばが振る舞われます。志布志は奈良時代からの遺跡や島津も拠点にしていた地でもあります。その他、ご当地グルメや魅力満載のまるごと志布志を訪ねましょう。

詳細は30志布志夏越しのまつりと

満席となりました。ありがとうございます。

 

街歩き「赤山靱負と桂久武と天文館」

街歩き「赤山靱負と桂久武と天文館」

2018/04/19(木),04/22(日)両日とも10:00~12:30

西郷さんに影響をあたえた赤山靱負、小松帯刀とともに西郷を支えた桂久武は兄弟として日置島津家に生まれました。日置島津家の上屋敷は天文館のど真ん中にありました。

会費 1,000円(資料代、保険代含む)

集合場所 旧タカプラ、アーケード側入口前

要予約 各日2日前まで 各日15名様

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。