もっと知りたい!西郷さんの軌跡

もっと知りたい!西郷さんの軌跡

2017/03/04(土) 「明治維新150周年かごしま文化力向上提携事業」

昨年10/23に実施したコースに若干手を入れたもので再度実施します。

「近頃、私はよいものを手にいれましてなぁ!」と斉彬は若き西郷を勝海舟をはじめ当代の賢人達に吹聴していました。斉彬の薫陶を得て成長した西郷、弱い人々に心を寄せて新しい国家を作ろうとした西郷、その底辺に流れる西郷像を探りに参りましょう。このツアーは表記の事業の助成を頂いています。

詳細は西郷さんの軌跡

おかげさまで満席になりました。ありがとうございます

[原口泉教授の野外歴史教室] 西郷隆盛「チョッシモタッ!・・の謎を解く根占のバス旅」

[原口泉教授の野外歴史教室] 西郷隆盛「チョッシモタッ!・・の謎を解く根占のバス旅」

2017/01/09(月祭) 「明治維新150年かごしま文化向上提案事業」のツアー第1弾として、「原口泉教授の野外歴史教室」で根占を旅します。根占での西郷さんの謎に迫ります。原口先生の現地での特別講座もあります。原口ワールド炸裂です。根占は深いですよ。更に助成金のおかげでツアー料金も格安となりました。

原口教授の野外歴史教室根占編

(これは 2016/09/04 のツアーを台風のため延期したツアーです。)

おかげさまで満席になりました。ありがとうございました。

 

島津義弘の生涯を旅する3弾「島津は屈せず!駆けろ義弘!」帖佐・加治木編

島津義弘の生涯を旅する3弾「島津は屈せず!駆けろ義弘!」帖佐・加治木編

2017/01/29(日)

2年後の2019年は義弘公没後400年を迎えます。九州制覇まであと一歩、朝鮮の役では獅子奮迅の働き、関ヶ原の戦いでは世にいう”島津の退き口”で多くの家臣を失いながらも生還。生涯に53度の戦を切り抜けて、島津を守った戦国武将でした。

おかげさまで満席になりました。ありがとうございました

詳細は義弘を旅する第3弾

もっと知りたい!世界文化遺産へのとびら

2016/11/06(日)  [明治維新150年かごしま文化向上提案事業]

日本近代化の魁となった、斉彬の集成館事業は我が国を列強国から守らねば、との強い決意からでした。在来技術を駆使して近代化に挑んだ先人たちの苦労が世界文化遺産の登録となったのです。この事業は表記の事業の助成金を頂いております。

IMG_1537IMG_1522

詳細は・・世界文化遺産へのとびら

おかげさまで満席となりました。

もっと知りたい!西郷さんの足跡を訪ねて・・第2弾

2016/10/23(日) [明治維新150年かごしま文化向上提案事業]

「近頃、私はよいものを手にいれましてなぁ!」と斉彬は若き西郷を勝海舟をはじめ当代の賢人達に吹聴していました。斉彬の薫陶を得て成長した西郷、弱い人々に心を寄せて新しい国家を作ろうとした西郷、その底辺に流れる西郷像を探りに参りましょう。このツアーは表記の事業の助成を頂いています。

西郷武屋敷南洲翁開墾地遺跡碑 (1)

詳細は 西郷さん寺山

 

 

 

義弘を旅する2弾「妻と子と紡いだ飯野の26年間」

義弘を旅する2弾「妻と子と紡いだ飯野の26年間」

2016/9/25(日) 戦国の乱世に生まれた義弘は日向の伊東氏に対峙するために飯野で26年間過ごしました。義弘の、よき夫、よき家庭人としての意外な一面に出会える旅です。

「九州ふっこう割り」の対象商品です。先着28名様限定  義弘えびのツアーチラシ0925

日本三大関所、野間之関と境川

5/12出水の野間之関に行って来ました。
江戸時代、峻厳な関所として名をはせた、薩摩街道出水筋の肥後境の番所である。関ヶ原合戦(1600年)前後に設けられている。その厳しさを呆れて高山彦九郎が詩を詠んだのが伝えられている。しかし一方では、斉彬公や篤姫様が通られたという痕跡もあったりして感慨深いものもあったり。そして野間之関から北へ5K、肥後との藩境(現在も県境)の境川、境橋、この辺りは昔の出水筋が整備され?雰囲気が感じられます。勿論江戸時代は橋はなく、小川なので飛び石つたいに渡ったのだそうです。
野間之関
IMG_2483

へぇ~そうなんだ!おもしろ歴史旅”島津義弘の生涯を旅する”南薩編

へぇ~そうなんだ!おもしろ歴史旅”島津義弘の生涯を旅する”南薩編

2016/04/17(日)   今、義弘をもっと知りたいのです。2019年は没後400年になります。「勇武英略の気質」「人間味あふれる良き夫」義弘の魅力を探しに行きましょう。まず生誕から少年期を過ごした南薩へ!

28義弘南薩ツアー

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。